横浜マラソン 2007

今年で7回目の出場です。

10時20分、中田宏横浜市長の合図でスタート!
山下後援のスタート地点で仲間と健闘を誓い合い、銀杏並木をグングンとすすんでいきます。

最初の3k、今シーズン初のハーフマラソンとあって、
ペース感覚がつかめません。
1k毎の距離表示と、腕時計を確認しながら手探りで進みます。
キロ4分15秒ペース・・・明らかに飛ばしすぎ。
欲張らず、足を一歩一歩置くように。自分に言い聞かせながら、
セーブした走りに徹します。

レースの序盤、いつもレースで走れる幸せを実感します。
今回は3k過ぎの倉庫街でその感覚に襲われました。
まっすぐに伸びる道、晴れ間がのぞいてきた空。何て気持ちがいいんだろう!
この頃には緊張もほぐれ、ペースも落ち着いてきました。

7k地点手前、最初の給水を過ぎたあたりで、
堅実な走りをしている二人のランナーを見つけました。
陸連登録選手で、腕にはGPS機能つきの時計が。
衛星に見守られながら、きっちりとキロ4分半ペースをキープしています。
良いペースメーカーに出会えた幸運を実感した瞬間。
どこまでついていけるか・・・?

10k地点、昨年は腹痛でかなり苦しんだ辺りです。
今年は、特に問題なく通過することができました。
キロ4分半をキープしつつ、三渓園方面へ向かいます。

高速道路のランプ手前、少し息が苦しくなり焦ります。
時計を見るとキロ4分19秒。
「ペースメーカー」に引っ張られ、一緒にペースが上がってしまったようです。
やっぱり他人任せはいけませんね・・・。
反省しつつ、自分のペースに戻します。

高速道路の折り返し地点、
この前後は道の反対側を走る大勢のランナーとすれ違います。
沿道の応援がほとんどない横浜マラソンで
唯一モチベーションがあがる大事なエリア。
まるでホノルルマラソンのハイウェイですね。
アミノバリューランニングクラブのメンバーをはじめ、
たくさんの走る仲間から元気をもらいました。

あと4k!結局、「ペースメーカー」のランナーと併走しつつ
ゴールを目指すことになりました。
粗く硬いアスファルトの路面。
道路をはだしで走っているかのように、疲れた足裏を突き刺します。
体力も消耗してきたので、上の子供からもらった「パインアメ」を取り出します。
ここまでくると、エネルギー補給というより「おまじない」に近いのかも。
だんだんと口に広がるパイン味、気持ちを切り替えます。

ラスト2k!ランニングクラブのコーチ陣から激をとばされ、
止まりかけていた足が再び動き出します。
最後の難所「山下橋」を越えると、
みなとみらいや山下公園が一望できる素晴らしい景色。
ここは頑張って走ったランナーへのごほうびなんですね。

ゴール直前、山下橋を駆け下りると、
アミノバリューランニングクラブの熱い声援が耳に飛び込んできました。
仲間から力を借りて大きく腕を振ってゴール!
タイムは、1時間35分。自己ベストを1分強更新できました。やったー!!

レース後、もう一つのお楽しみ「中華街打ち上げ会」です。
ランニングクラブのメンバーに加え、
皇居走ろうの皆さんにもご参加いただき賑やかな宴席に。
それにして、みんなよく食べ・よくのみ・よく笑うこと!
レースで消費したカロリーより、レース後に摂取したカロリーの方が多いのは間違いなし。
今年も思い出深い秋の一日となりました。

自宅へ戻ると・・・
郵便ポストに手紙が一通。差出人は下の子供で、
便箋に鉛筆で「おかあさん がんばったね☆」とメッセージが書いてありました。
・・・そういえば、朝自宅を出る時に
「おかあさん、れーすでがんばったらお手紙あげるね!」と言ってたっけ。
やるなあ、チビッ子。ちょっとウルッときてしまいました。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-11-14 07:10 | レース報告
<< これからのレース  =速報= マラソンと睡眠 >>