NAHAへ行ってきます

仕事を何とか形らしきものに仕上げ、
明日からお休みをいただけることになりました。
いよいよ那覇入り、初めての沖縄です。

去年の私と今年の私と何が違うか・・・?
フルを前にした恐怖心が減ったことでしょうか。

昨シーズンに生まれて初めてフルを3回走ったこと、
真夏から秋にかけて(私にしては)たくさん走ったこと。
どれも、ささやかな心の支えになっているようです。

那覇へ行く前の儀式として、
村上春樹氏の「走ることについて語るときに僕の語ること」を完読。

書中では、村上氏がフルマラソン、ウルトラ、そしてトライアスロンを通じて
また、レースへの準備として日々走る生活が
今の自分自身を形づくっていると綴っています。

レース中の絶望的な気持ちや充実感、
毎日のジョグの中で体感すること、そして心の移ろいなど
「ああ、そうだよな!」と共感する言葉が満載。
私にとって、走ることは生活と一体になっているんだと
あらためて認識させられた一冊でした。

そうですよね、これだけ時間を費やして走っているんだもの。
肉体だけでなく、人格の形成や(大げさですが)人生そのものにも
影響を与えているのでしょうね。きっと、そのはず。

初めてのフルを経験した年、村上氏が雑誌の特集で
「マラソンを始めると、その年齢がずっと続く」と語っていたことを記憶しています。

じゃあ、私はずっと29歳ってこと・・・?
そう固く信じて、沖縄の地を走ってきます。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-11-30 00:29
<< NAHAマラソン 2007 冬の準備 >>