初めてのスキー 2008

2月最初の週末、新潟へスキーに行きました。
上の子供は、今年で2回目
そして、下の子供は生まれて初めての雪山です。

宿泊先からスキー場まで徒歩5分。
降り積もった雪をさわったり、足を入れてみたり
遅々として先へ進みません。

数日前から「スキー、スキー!」と張りきっていた下の子供。
スキースクールの受付で、尻込みして動こうとしません。
初めての場所で、初めてのスキー。
いつの間にかココロがしぼんでしまったようです。

それでも、いざレッスンが始まると
ココロのスイッチが入るのが下の子供のいいところ。
まずは、板とストックを自分で持ち
練習場所へ向かって歩いて行きました。

下の子供のレッスン中、上の子供と滑りに行きました。
1年ぶりのスキー、思うように板を扱えません。
四苦八苦しながら、滑り降りること数回。
あっという間にカンを取り戻し、スピードを出して滑るようになりました。

自信をつけると上の子供は鉄砲玉のように手がつけられません。
ボーゲンがだんだんと直滑降に近くなり、私では追いつけない速さに・・・。
私は、追いかけることをあきらめてしまいました。

・・・スクールの終わった下の子供。
少し自信がついたようで、リフトに乗ることになりました。
「うわぁ~、空を飛んでるみたい!」
顔は満面の笑み、嬉しくてたまらない様子です。

リフトから降りて板を履きます。
そして、滑るのか・・・?と思いきや「滑れないよ~」発言。
おいおい、スクールの成果を披露してくれるんじゃなかったの??

結局、子供は板をつけたまま、私に支えられ滑ることに。
滑るスピード感に喜ぶ子供とは裏腹に私の脚は悲鳴を上げます。
17キロの子供は予想以上に重たい・・・。
2~3回すべり降りるのがやっとでした。

年に1回のスキー。
きっと来年は、自分で滑れるようになるよね?
ガンガン滑る二人の子供たちに置いて行かれる日は近いようです。

e0095428_7581665.jpg

[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-02-09 07:53 | 日常のできごと
<< 7 Days to RUN! 2008 フロストバイトロード... >>