湘南国際マラソン 2008

3月16日、大磯プリンスホテル前。
スタート時刻を待つバイパスに並ぶ大勢のランナー達。
むせ返るような潮の香り、キラキラ光る波間。
いかにも「湘南らしい」景色に気持ちが高揚します。

9:30スタート。

スタート地点に現れた、欽ちゃんこと萩原欽一氏や
東国原宮崎県知事のコントのような挨拶にすっかりリラックスしてスタート。
恐るべし、笑いの効用。30キロのレース前、緊張から開放されました。

レースには少し強すぎる日差しが気になりますが、
1ヶ月前の東京マラソンのように寒さによる筋肉のこわばりとは無縁。
あたたかな気候の中で、走れることを全身が喜んでいるようです。

喜びはつかの間でした。距離表示が5キロごとのため、ペースが掴めません。
5キロ過ぎからオーバーペースの影響か、身体全体に倦怠感が波のように押し寄せます。
10キロでは、早くもリタイアの4文字が頭に浮かんでは消えていく・・・。

――私の好きな研究者に、東京大学社会学研究所の玄田有史准教授がいます。
数年前に「ニート」という著書を出し、世の中にニートの存在を知らしめた方。
個性的なパーソナリティとは裏腹に、あたたかなまなざしで
世の中の人に関わる事象を分かりやすく伝えてくれる稀有な存在です。

マラソンで辛い状況に陥るとよく思い出す玄田さんの新聞記事。
「働くのはかなしい、けれど」という若年層の社会人に向けたメッセージです。
この日も、何回か内容を思い出しました。

そこでは、「カベにぶつかったときは、
逃げずにその前でウロウロすることが大切だ」と語っています。
逃げ出すのはたやすいけれど、
いつか訪れるかもしれない偶然の出来事や変化を待つことが重要なのだと。

私はオーバーペースを反省して、次の作戦へ移ります。
キロ4分半ペースをあきらめ、ちょっと様子を見ることにしました。
無理せず、前へ進むことに集中・集中。

15キロの折り返し後、ランナー仲間からたくさん声をかけていただきました。
オレンジ色のランニングシャツを着る「アミノバリューランニングクラブ」の仲間も多数。
お互いゴールまでがんばりましょう!とエールを送ります。

聞きなれた声に反射的に手を挙げると、そこには友人Mさんの姿が。
この日のレースは見送りと聞いていただけに、
驚きとうれしさで身体に元気が戻ってきました。(よかった!)

最後の10キロ、すっかり復調。
マラソンは時間のかかるスポーツだからこそ、調子の浮き沈みがあるのですね。
ペースも安定して、キロ4分40秒くらい。ココロもカラダも前向きに。

ゴール手前、ボランティアの方々からの盛大な拍手と沿道の声援。
急勾配を懸命に駆けあがり、フィニッシュ!!

2時間22分。
目標タイムに2分届きませんでしたが、
前回出場の静岡駿府マラソンのレース経験も手伝って
30キロを良いペースで走れたことは自信になりました。

数分後、東国原知事がゴール。(握手をしていただきました!)
公務の合間にレースに出場するという、そのエネルギーに脱帽しました。
「走っているから元気」なのかもしれませんね。
私も見習いたいところです。

マジメに走る今シーズンのレースは、あと一つ。
4月のかすみがうらフルを残すのみです。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-03-19 05:48 | レース報告
<< ヤマウチ夫妻からもらったヒント 静岡駿府マラソン 2008 >>