ヤマウチ夫妻からもらったヒント

湘南国際マラソンのの2日後、
会社帰りに北京五輪英国代表選手の
マーラ・ヤマウチさんの講演会へ足を運びました。

幼少時代にケニアに8年近く住んでいて、そのお陰で心肺機能が向上したこと。
イギリスには日本の実業団のようなマラソン選手を抱える企業がなく
「仕方なく」仕事として外交官になったこと。
そして、夫・シゲトシさんが会社を退職し彼女のマネジメント・栄養管理・
そして、トレーニングを専任で行っていることなどを披露してくださいました。

自分自身の人生やマラソンランナーとしての目標を細分化して期限を設定。
大きな夢を描きつつ、一つひとつの目標と現実的に向き合っていく・・・という
とても「戦略的なアスリート」なのですね。

講演後、マーラさんやシゲトシさんと自由にお話をする機会がありました。
マラソン経験のないシゲトシさんのトップアスリートに対する支援活動に興味津々の私。
レースの当日に体調をベストな状態にもっていく「Peaking」を
食事の面からどのようにサポートしているのかを質問しました。

湘南国際ではお腹の具合が今ひとつだったので
その事をお伝えすると、「レースの3時間前には何を食べましたか?」
そして、「食事を何回か試しましたか?」と逆に質問を受けました。

大量の炭水化物の摂取は、時にお腹の調子を悪化させるとのこと。
マーラさんは様々なメニュー+長時間ランを色々と試したそうです。
食事も練習をするのですね!目からウロコのお話。
手をつけたことのないレース前の準備の多さに気づかされました。

それにしても、ヤマウチ夫妻は二人とも表情が明るく前向き。
北京への準備も楽しんでいる様子でした。これからの活躍に期待大です。

4月のかすみがうらマラソン。
私も色々な準備を楽しみつつ、レース当日を迎えたいと思います。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-03-19 14:21 | 日常のできごと
<< 長続きするもの 湘南国際マラソン 2008 >>