長続きするもの

4月になって新年度がスタートしました。
会社には新入社員が入ってきて、フレッシュな空気が充満。
新しい環境になって、私も何かに挑戦したくなりウズウズしてきます。

今まで趣味で長続きしたもの、実は数えるほどしかありません。
子供の頃は飽きっぽい性格で、よく集中力がないねぇと
親に言われたことがありました。

そんな私でも長く続いたものベスト3は

 1位 マラソン   7年 社会人~
 2位 合唱・ピアノ 6年 小・中
 3位 ラクロス   4年 大学

小学校3年から入っていた合唱団。
ピアノの練習は、孤独で辛く感じ楽しめなかったのに対して
合唱は仲間がいて「もう一つの学校」があるような楽しい雰囲気がありました。

始めは週2回だった練習も、オーケストラとの共演や番組への出演などがあり
小学校高学年になる頃は、ほぼ毎日の活動で「お仕事状態」に。
感性がとんがっていた頃の日々は脳裏に強烈に焼きついていて
今だに夢の中で合唱団で歌っている場面が出てくることがあるほどです。

そんな時期を共にした合唱団のOGと指揮の先生と20年ぶりに再会。
この秋にコンサートに出演することになりました。

先月末から練習がスタートしたのですが、
まず驚かされたのは、自分の声質そっくりのハーモニーの存在。
「三つ子の魂百まで」ではありませんが、
子供の頃に矯正された声は生涯変わらないものなのですね。

現在練習している曲は、現代音楽の女声合唱曲です。
その昔は楽しめなかった難解な現代音楽。
複雑かつ微妙な音の重なりの味わい深さが
大人になってやっと分かってきました。(いつでも遅咲きです。)

秋までに淡い水彩画のように美しく曲が仕上がるか・・・?
マラソンに加えて、新しい楽しみが一つ増えました。

春爛漫、我が家の庭のカイドウも満開です。e0095428_1135148.jpg
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-04-06 10:55 | 練習報告
<< 10周年! ヤマウチ夫妻からもらったヒント >>