カテゴリ:レース報告( 19 )

横浜マラソン 2007

今年で7回目の出場です。

10時20分、中田宏横浜市長の合図でスタート!
山下後援のスタート地点で仲間と健闘を誓い合い、銀杏並木をグングンとすすんでいきます。

最初の3k、今シーズン初のハーフマラソンとあって、
ペース感覚がつかめません。
1k毎の距離表示と、腕時計を確認しながら手探りで進みます。
キロ4分15秒ペース・・・明らかに飛ばしすぎ。
欲張らず、足を一歩一歩置くように。自分に言い聞かせながら、
セーブした走りに徹します。

レースの序盤、いつもレースで走れる幸せを実感します。
今回は3k過ぎの倉庫街でその感覚に襲われました。
まっすぐに伸びる道、晴れ間がのぞいてきた空。何て気持ちがいいんだろう!
この頃には緊張もほぐれ、ペースも落ち着いてきました。

7k地点手前、最初の給水を過ぎたあたりで、
堅実な走りをしている二人のランナーを見つけました。
陸連登録選手で、腕にはGPS機能つきの時計が。
衛星に見守られながら、きっちりとキロ4分半ペースをキープしています。
良いペースメーカーに出会えた幸運を実感した瞬間。
どこまでついていけるか・・・?

10k地点、昨年は腹痛でかなり苦しんだ辺りです。
今年は、特に問題なく通過することができました。
キロ4分半をキープしつつ、三渓園方面へ向かいます。

高速道路のランプ手前、少し息が苦しくなり焦ります。
時計を見るとキロ4分19秒。
「ペースメーカー」に引っ張られ、一緒にペースが上がってしまったようです。
やっぱり他人任せはいけませんね・・・。
反省しつつ、自分のペースに戻します。

高速道路の折り返し地点、
この前後は道の反対側を走る大勢のランナーとすれ違います。
沿道の応援がほとんどない横浜マラソンで
唯一モチベーションがあがる大事なエリア。
まるでホノルルマラソンのハイウェイですね。
アミノバリューランニングクラブのメンバーをはじめ、
たくさんの走る仲間から元気をもらいました。

あと4k!結局、「ペースメーカー」のランナーと併走しつつ
ゴールを目指すことになりました。
粗く硬いアスファルトの路面。
道路をはだしで走っているかのように、疲れた足裏を突き刺します。
体力も消耗してきたので、上の子供からもらった「パインアメ」を取り出します。
ここまでくると、エネルギー補給というより「おまじない」に近いのかも。
だんだんと口に広がるパイン味、気持ちを切り替えます。

ラスト2k!ランニングクラブのコーチ陣から激をとばされ、
止まりかけていた足が再び動き出します。
最後の難所「山下橋」を越えると、
みなとみらいや山下公園が一望できる素晴らしい景色。
ここは頑張って走ったランナーへのごほうびなんですね。

ゴール直前、山下橋を駆け下りると、
アミノバリューランニングクラブの熱い声援が耳に飛び込んできました。
仲間から力を借りて大きく腕を振ってゴール!
タイムは、1時間35分。自己ベストを1分強更新できました。やったー!!

レース後、もう一つのお楽しみ「中華街打ち上げ会」です。
ランニングクラブのメンバーに加え、
皇居走ろうの皆さんにもご参加いただき賑やかな宴席に。
それにして、みんなよく食べ・よくのみ・よく笑うこと!
レースで消費したカロリーより、レース後に摂取したカロリーの方が多いのは間違いなし。
今年も思い出深い秋の一日となりました。

自宅へ戻ると・・・
郵便ポストに手紙が一通。差出人は下の子供で、
便箋に鉛筆で「おかあさん がんばったね☆」とメッセージが書いてありました。
・・・そういえば、朝自宅を出る時に
「おかあさん、れーすでがんばったらお手紙あげるね!」と言ってたっけ。
やるなあ、チビッ子。ちょっとウルッときてしまいました。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-11-14 07:10 | レース報告

最後のレース

週末は、今シーズン最後のレース、
山中湖ロードレースでした。

日曜の山中湖は、空は雲ひとつない青空!
走るには暑すぎましたが、やっぱりレースは晴天が似合います。

このレースも確実に参加者が増えているようで
スタートから1キロ地点を過ぎるまでは混雑が続きました。
おかげで、目標ペースより1分遅れに・・・。

その後は、何とか自分のペースを取り戻しました。
地元の皆さんのあたたかい声援と
大きな富士山がランナーの背中を押しをしてくれます。

難所の坂道を過ぎた後もなかなか良いペース。
淡々と、足を前へ前へ。

1時間6分でゴール。大会自己ベスト更新です!

13.6キロ湖岸一周ののほどよい距離と、新緑が爽やかなコース。
ゴール後のアミノ神奈川のメンバーとの再会。
そして、レース後のごほうびは35人の走る仲間とのBBQ!!
e0095428_2345133.jpg
この大会に出場するのは、今年で6回目ですが
ゴールの瞬間に来年の出場が決定!
これじゃあ、完璧なリピーターですね。

来シーズンも楽しく走れますように(祈)。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-05-28 23:06 | レース報告

ランナーズハイ in かすみがうらマラソン

かすみがうらマラソンに初出場しました。

皇居ラン友達のkenziさんと元気にスタート。
固く握手を交わし、完走と健闘を誓い合いました。

カラッと晴れわたる春空、絶好のマラソン日和。
ああ、走ることっていいなぁ・・・。
今日もレースに出ることができて、私は何て幸せ者なんだろう!
どのレースでもそんなことを考えるのは決まって10キロすぎ。

ホノルルで走った時もダイヤモンドヘッドを越えた辺りで、
そしてかすみがうらでも身体があたたまってきた10キロ地点で
人の波を見ているうちに同じ気持ちになりました。
これって、いわゆる「ランナーズハイ」なんでしょうね。

レース中は沿道のお年寄りの応援から元気をもらいました。
穏やかに微笑みながら旗をふってくれる姿。
思わずうれしくなって何度も手を振リ返しました。

そうそう、レース中に私を何度となく救ってくれた秘密兵器があるんです。

前日に子供たちに書いてもらった“応援メッセージ”。
「おかあさん、マラソンがんばってね」「おうえんするからね」
nikeの「pace calculator」ホルダーにしまい込み装着。
ペースダウンしそうな時に効くんですよね、ホントに。

タイムは3時間35分。
今回は、記録よりも年度初めの忙しい時期に
最後まで集中して楽しく走れたこと。これが一番の収穫でした。
自己ベスト更新は、次のマラソンシーズンまでお預けです。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-04-16 22:12 | レース報告

湘南国際マラソン

PCの調子が悪く、2月は休眠状態でした。
春の訪れと共にblogも復活です。

3月18日、日曜日。
第1回湘南国際マラソンに出場しました。

このレースでの目標、「最後まで楽しく走ること」。

雲ひとつない青空と雪を抱いた真っ白な富士山!
この素晴らしい景色はランナーをハイにさせ
スタートから折り返し地点までは@4分45~50秒ペースに。

沿道の応援は多く、風も気にならない。
絶好のマラソン日和とあって足が勝手に前へ出る感覚でした。
景色と走る喜びを噛みしめながら二宮を目ざします。

20キロ手前。
3時間半のPace Runnerを見つけ
@5分ペースに落ち着きました・・・が、すでに時は遅し。

25キロ地点。
前半のオーバーペースのツケは大きく足に疲れを感じ始めました。

35キロ手前。
ペースメーカー率いる一団から脱落、失速。
ここから@6分までペースが落ちていく・・・。

でも、足を止める訳にはいきません。

アミノ神奈川の応援団、そして自転車で移動しながら応援してくれた
友人・ぐっちの声援を力に変えていきます。
でも、この5キロは絶望的に長く感じました。

最後の2キロ。
沿道の応援に笑って応えながら
@5分半に戻し江ノ島でゴール!

結果は3時間32分。

自己ベスト更新で嬉しい反面、
最後まで楽しく走れなかったレース運びを反省。
前半に飛ばさなければ最後まで気持ちよく走れたんだろうなぁ。

次は4月のかすみがうらマラソンでのフル出場。

必ずペースを守って最後まで続ける!
そんな「賢い」レースを作りを目ざしたいものです。
(レース途中の絶望感はもうこりごりです。)
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-03-24 13:19 | レース報告

横田基地フロストバイトロードレース

日曜日、年明け初めてのレースに出場。
横田基地フロストバイトロードレース、
5回目のエントリーです。

風もなくおだやかな冬晴れ、レース日和。
ただ、土曜は風邪を引きかけていたので
体調もモチベーションも今ひとつでした。

スタート直後はものすごい混雑。
しばらく、あせらず@5分/キロで走りました。
ここ数年は、年々参加者が増えているような気がします。
これも東京マラソン効果でしょうか・・・?

3キロ地点。身体があたたまってきたので
@4.5分へペースを上げました。
思っていたより体調は良いようです。

横田名物「滑走路」もモチベーションが下がらず。
最近、長い距離に慣れてきたのかもしれません。

後半は他のランナーに抜かされることなく
@4.5分ペースをキープして走りました。

1時間39分でゴール!

今回は記録狙いではなく臨んだ初レース。
最後まで楽しくレースを終えることができ、満足・満足!
今年はこの調子で楽しくレースに参加できると良いですね。

レース後は仲間と一緒に中華をモリモリっといただきました。
たくさん身体を動かして、たくさん美味しいものを食べるって最高!
(納豆ダイエットより効果があると思うんですが・・・。)
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-01-22 06:54 | レース報告

ホノルルマラソン

12月10日、ホノルルマラソン当日。

午前2時。起床。

緊張と興奮で眠りが浅く、
睡眠時間は2~3時間程度とかなりの寝不足。
朝食はおにぎり×2個、バナナ、大福
そしてコーヒーで身体を完全に目覚めさせました。

午前3時40分。出発。

ルームメイトのきたさん・ツカマキさん・サカモトさんと
宿泊先のコンドミニアムからリムジンで一路スタート地点へ。

午前5時。スタート。

アラモアナショッピングセンター前はほぼ無風。
スタートと同時に打ち上がる花火がワクワクする気持ちを加速させました。
腕には前日にNIKEで作成した「Pace Calculator」を装置。
目標タイムを設定して1マイル毎のペースを教えてくれる優れモノです。

目指すは3時間40分。
今回のホノルルは、私にとって決まったペースを
どれだけ保って走れるか…?いわば「実験」の場。
前半に飛ばすまいと心に固く誓いました。

10キロ地点。

暗い道の中、アミノ千葉のきたさん、コガさんと
「Pace Calculator」のペースをキープ。

ダイヤモンドヘッドをのぼったあとの長い下り坂。
夜明け前の涼しい風は最高に心地いい!
ホノルルを走れる喜びを感じる瞬間でした。

15キロ地点。

ハイウェイへ入ると空腹を感じました。
前日、イタリアンレストランでたっぷりとカーボローディングしたのに…
予想より早めにエネルギーが消費されているよう。

21キロ地点。

レースの半分が終り嬉しさ半分、寂しさ半分。
ハワイカイを回り、アミノバリューランニングクラブの
エイドステーションを通過。

アミノ神奈川事務局のカンダさんが猛ダッシュで
チョコレートを手渡して下さりました。
甘さが口いっぱいに広がり、身体もリラックス。
ハイウェイの折り返しでがんばる力がわいてきました。
いつも笑顔で支えて下さる事務局の皆さんには頭が下がります。

まだまだ足は軽い!

30キロ地点。

ハイウェイですれ違う全国各地から参加の
アミノバリューランニングクラブのメンバーと挨拶を交換。
オレンジ色のウェアを着た仲間と手を振り、
声をかけあうだけで力をもらえるようです。
恐るべしオレンジ軍団。

おかげでハイウェイは少しもペースが落ちず
楽しく抜けることができました。

35キロ地点。

高級住宅街はハイウェイのように手を振り合う仲間がいなく、
寂しさと足の疲れを感じ始めました。
ペースが落ちてくる…。

40キロ地点。

ダイヤモンドヘッドの上り坂。
ゼッケン引き替えの際に参加した
谷川真理さんのランニングクリニックの指導を思い出しました。

「あごを引いて!」
「いつものジョギングコースを走るような気楽な気持ちで」

実績あるアスリートのアドバイスは
体力の限界になると特効薬になることを実感。

カピオラニ公園。

最後の1キロは子供たちの力を借りました。
子供の野球チームの掛け声「いーちにー、いちにー、そーれっ!」を
心の中で繰り返し、足を前に出し、腕を振り続けました。
あと少し!

ゴールまでの直線。

目標タイムクリア目前。
沿道の声援に後押しされ力の限りダッシュしました。

ゴール!!

3時間39分、自己ベスト更新です。
ホノルルに来て本当によかった!
そして、走ることを支援してくれたすべての人たちに感謝…。

(今回の実験は成功しました!)
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2006-12-14 05:35 | レース報告

雨の週末でしたが

昨日は用事があり、お昼から丸の内・皇居そばへ。
今にも泣き出しそうな雨の中目的の場所に行くと
黄色のウィンドブレーカーを着る人たちや警察官がたくさんいました。

もしや・・・

そう!東京国際女子マラソンのコース10キロ地点だったのです。

早々にランチをすませ、傘をさしながら選手を待つこと数分。

来ました!先頭集団。
寒い雨の中走る選手たちに敬意を表して傘を閉じ大きな声援を送りました。

その早いこと!!(当たり前ですが・・・)

通過の際の軽快な足音、選手たちの腕の振りを目の当たりにして
心底感動してしまいました。

結果は土佐選手の1人勝ち。

影響されやすい私はマラソンへのモチベーションが湧いてきました。
でも、横浜は秋の長雨のため走れません。
次の練習は火曜日の朝となりそうです。

e0095428_74272.jpg
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2006-11-20 07:04 | レース報告

横浜マラソン

昨日、横浜マラソンに参加しました。
エントリー5回目となる私の「定番レース」。

平日の忙しさと土曜の大雨で調整は今ひとつ。
加えて日曜は冷え込み北風が強い。
なかなかの厳しい条件が揃いました。

今回のレースは、アミノバリューランニングクラブの
練習の一環として指定されたレース。
来月に控えたホノルルマラソンに向けた
調整のレースでもあります。

「日本一良いスタート地点」と
大会委員長の中田宏横浜市長が誇らしげに挨拶した山下公園前。
イチョウの色づきにはかなり早く
樹々の葉は青々としていました。

アミノバリューのコーチは、各タイム別のペースメーカー役を買って出てくれました。
私は「キロ5分」のコーチと一緒にスタートです。

あれ?

5キロ付近で早くも息があがってしまう自分に気づきました。
手にしびれを感じる・・・これって過呼吸??
確実におかしい。

時計を確認すると、キロ4分17秒。
コーチを信じてたのに!

「シンジラレナーイ!!」

オーバーペースのツケは、確実にまわってきます。
8キロ地点でわき腹に痛みが走り
背中を丸めていないと走れないほどでした。
「リタイヤ」の4文字が頭をよぎる・・・。

あれ?

時計を見るとキロ4分半。
思ったよりペースが落ちていない。
そんな自分に気づきモチベーション再びアップ↑しました。

ラスト2キロはキロ5分ペースとなりましたが、
最後は1時間36分でゴール!

あれ?

もしかして自己ベスト更新??
やったー!!!
去年2月のハーフマラソン以来の記録更新。
長い高原状態をやっと抜け出すことができました。

レースの後は、もちろん中華街。
おいしい中華をモリモリいただきました。
身も心も満足な一日・・・。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2006-11-13 23:49 | レース報告

ブログ開設とレース報告

実は夏ごろから開設していたブログ。
筆不精で予想通りの3日坊主に・・・。

今度は無理せずマラソンのように
細ーく長ーく続けて行きたいと思います。

---------------------------------------------------------

今日は、レースでした。

所属の「アミノバリューランニングクラブ(AVRC)in神奈川」の練習会として
相模原デポを走る「東日本国際駅伝」に参加しました。

AVRC神奈川の参加者は、@4名×31組で120名超!
オレンジ色の揃いのCAPをかぶる大集団は、
会場でもちょっと異様なオーラを放っていました。

スタート直前にAVRCのシャツに「AVRC千葉」という
紙を貼り付けているランナーが・・・!

前もって走る仲間から聞いていたAVRC千葉からの
唯一の参加チームの方(きたさん)にお会いできたのですね。
やっぱりオレンジ色のウェアは目立ちます。はい。

相模原デポのコースは、横田基地のように
どこまで行ってもフラットそのもの。
ただ、倉庫群の間の道路を駆け抜けるので
距離感がまったくつかめないことが難点なんです。

(おそらく)2キロを過ぎた頃からオーバーペースを自覚。
悪い分泌物が身体中を駆けめぐっている・・・。
あれ?5キロってこんなに長かったっけ・・・・・・・・・???

やっとの思いで到着した中継地点。

あれ?第2区のランナーがいない・・・・・・・・??
人ごみをかきわけ行けども行けども見当たらない。
探すこと2分。ようやく黄色のタスキを手渡しました。

手元の時計は20分40秒。
やっぱり、@4分/キロを切るのはハードルが高いですね。

レース参加をお膳立てしてくださった
AVRC神奈川の事務局の皆さんに感謝・・・。
そして中継地点でいい子で待っていてくれた
チパ(←娘)、ありがとう。

レースで良い刺激をたっぷり受けたので、
これを機会にレースシーズンに向けて
たっぷり走りこみたいと思います。

9月は月間走行距離100キロ。
10月こそ150キロを目ざしたいものです。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2006-10-01 18:25 | レース報告