<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ピアノ発表会

週末は、子供たちのピアノの発表会でした。

発表会用の曲を渡されたのは6月。
上の子供には、先生の期待もあり、実力の110%の曲をいただきました。
曲は「Galopp」というタイトルで、馬が軽快に、そして踊るように歩を進めるイメージです。
下の子供には、4歳の子供にちょうどいい位の曲を二つ。
「1から5の指」までで収まる可愛らしい小曲です。

練習を始めて2ヶ月が経ち、夏本番を迎えた7月末日・・・
上の子供がまさかの骨折!!
草野球で右手小指に2箇所ヒビが入ってしまいました。
指を固定しているので、当然ピアノどころではありません。
しばらくの間、左手だけの練習が続きました。

8月下旬。
指の怪我が全快し、野球もピアノも解禁!
この頃から、子供たちは毎日ピアノに向かうようになりました。

上の子供にとって、ピアノは「指の運動」。
ゲイジュツ的センスというよりも、曲のパターンを頭に入れ
あとは、黙々と指を動かしていく・・・という弾き方です。
きっと、この子にとっては野球の練習もピアノの練習も同じ感覚なのでしょうか。

一方、下の子供は実に感覚的。イメージを小さな手で懸命に表現しようとします。
指の力がない分、身体全部をつかって鍵盤にエネルギーを注ぎます。

この対照的な二人には、連弾の曲が2つありました。
練習のやり取りは、まるでケンカのよう。
発表会の直前まで、ほとんど息の合うことはありませんでした。

そして、9月30日。本番当日。

まずは、下の子供の出番。
舞台度胸があり、ステージの定位置まで行き堂々たるお辞儀。
でも、鍵盤の位置が分からず始めは先生の助けを借りましたが
その後、2曲を一気に弾きあげました。タッチもしっかりしています。

上の子供は、舞台の袖で緊張いっぱい。
舞台でのお辞儀もままならないまま、ピアノに向かいます。
曲は最速スピードでスタート。走り出したら、もう誰も止められません。

突っ走ったまま、主題~展開と曲を進めます。
まるで、前半にランナーズハイになって飛ばすマラソンランナーのごとく。
それでも、最後まで弾ききり、フィナーレ!よく頑張りました。

最後は、兄妹の連弾です。緊張からか、舞台の袖で兄の手を握って離さない妹。
その手をつないだまま、二人で舞台へ向かいました。

「ちょうちょう」「10人のインディアン」の2曲とも、今までで最高の出来!
曲の流れを止めずに最後まで弾けたのは、今回が初めてでした。
演奏を終えて、舞台の袖に戻ってきた子供たちの顔には
安堵感と充実感がいっぱいに広がっていました。
Good Job, KIDS!

上の子供の感想。「野球の試合の方が緊張しないかも。」
下の子供の感想。「楽しかった~!」

発表の場があるって、シアワセなことなのでしょうね。
子供たちは、それぞれのカベを乗り越えて、ひと回り成長を遂げたようです。

e0095428_23135257.jpg
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-09-30 23:18 | 日常のできごと

レースシーズン到来です。

いよいよ、レースシーズン到来。
この夏は、走る仲間にも助けられ
いつもより長い距離を走ることができました。

10月は、東日本国際駅伝。
アミノバリューRC神奈川のメンバーの一員として走ります。
いつもマイペースの私は、誰かに襷をつながなくてはいけない駅伝はプレッシャー。
5キロをスピードに乗って走ることができるか不安です・・・。

11月は、地元のレース、横浜マラソン。
秋に必ずエントリーしているので、恒例行事になっています。
このレースは、スタート地点が山下公園であること、
そして、レースの最後、みなとみらいの景色が一望できることが気に入ってるポイント。
レース後、中華街で食べている時間は、いつもレースよりも長くなってしまいます。

12月は、NAHAマラソン。
仲間に勧められて、初めてのエントリーです。
アップダウンが厳しいようですが、初めての沖縄なので
走る日がかなり楽しみです。
今年は、家族4人で那覇入りするので、
子供たちがゴールで待っていてくれるかも・・・?淡い期待。

1月は、横田基地フロストバイトロードレース。
こちらは、年明けに必ず参加する極寒レースです。
にぎやかな雰囲気もあって、何となくお祭りムード。
毎年、走る楽しさを再認識させてくれます。

2月は、東京マラソン。
一度は走ってみたい憧れのレース。
当選確率は5倍と、「プレミアム・レース」となっていますが、
5人に1人は走れるはず・・・!と、楽観視しています。
抽選待ちですが、今度こそ走りますよー!

3月は、湘南国際マラソン。
江ノ島から二ノ宮までを往復するレース。
富士山に引き込まれそうになる「高速コース」。
自己ベストを更新した思い出のコースでもあります。
開催が不安視されていましたが、そろそろエントリー開始のようです。

4月は、長野マラソン。
「レース100選」堂々1位のレースを走ってみたいもの。
時間が許せばエントリーしたいと思います。
桜の時期に気持ち良く走れそうですよね。

今年もレースやランニングクラブで、仲間が増えてきました。
楽しいシーズンになりそうです!
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-09-24 19:07

強い女性たち

「柔道女子、48キロ級」の試合をじっくりTV観戦しました。
谷亮子選手の勝ちにいく気迫、そして優勝する姿は素晴らしかった!

1年間のブランクを埋め合わせるべく相当過酷な努力をしてきたのでしょう。
「2回分の優勝の味」とのコメントが心に響き
思わずTV画面に向かって拍手をしてしまいました。

本日、敬老の日。
先月に大腿骨を骨折し、リハビリテーションセンターで
入院生活を送っている祖母を訪ねました。

この6月に米寿のお祝いを済ませたばかりの祖母。
「大腿骨骨折」の知らせを聞いた時には、寝たきり生活を心配しましたが
今日、私の目に飛び込んできたのは、歩行器で歩を進める祖母の姿でした。

自宅には93歳の祖父が、首を長くして妻の帰りを待っているため、
元気になって帰宅したい一心で、厳しいリハビリにも耐えているそう。
驚異的なスピードで回復へ向かっている祖母の目には
エネルギーがみなぎっていました。

世の中には、ものすごい強さを持った人たちがいるんだ、
私ものんびりしている場合ではないんだ・・・!と刺激を受けた3連休最終日。
夏バテで更新できずにいたブログのよい起爆剤となったようです。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2007-09-17 22:37 | 日常のできごと