<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春の嵐 ~レース前日~

今日は、上の子供の野球の公式戦がありました。

数日間続いた春の嵐。
昨夜までてっきり雨天中止と思っていましたが、
午前中のうちに強い風で雲が押されていき
みるみるうちに青空が見えてきました。予想以上の試合日和です。

4年生以下、ジュニアチームの春の大会は
神奈川県下、130チーム近く出場するというスケールの大きさ。
大切な大会初戦、家族全員で応援に行きました。

4年生を中心としたチームは、「守備のチーム」。
我がチームは、ピッチャーのコントロールの良さと守りの固さ、
そして3・6回に巡ってきたチャンスをうまくものにし、8対0で快勝です。(やった!)

子供は、控えのキャッチャー兼ランナーコーチ。
最後まで大きな声でランナーに指示を出し
集中を切らすことはありませんでした。よく頑張ったよね。

毎晩続けているバッティングの練習。
近頃はスイングのスピードも速くなり、左打ちもサマになってきたところ。
次の試合で成果を出せるチャンスがあるか分かりませんが
チームで「勝つ喜び」「負ける悔しさ」をしっかり味わってほしいものです。

明日は、「かすみがうらマラソン」。

このシーズン最後のフルマラソンですもの、
今の自分にできるベストな走りをしたい・・・!
強すぎる風が気になりますが、多くのマラソン友達やランナーと
抜きつ抜かれつゴールまでの道のりを楽しみたいと思います。

春の強い風が、全てのランナーの背中を押してくれますように。

e0095428_17591044.jpg
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-04-19 18:25 | 練習報告

10周年!

本日、結婚記念日。
10年前の今日、桜の舞い散る中婚姻届を出したことが
昨日のことのように思い出されます。

その頃、今のような日常生活を予想していたでしょうか・・・?
実に「予想外」な状況ばかり。
結婚生活とは、ゆったりと時間が流れていくと思っていましたが
現実は、まったく正反対。慌しい毎日です。

それでも、仕事とプライベートのバランスを取れているのは
子供たちのおかげだと思っています。

仕事がいくら繁忙期でも、帰宅後の家庭は普段どおりの時計の進み。
「仕事をしたくても、やりすぎることができない制約」があることが
上手く自分のバランスを取ってくれているように感じます。

子供たちを通じて地域の仲間が増えました。
保育園、小学校、PTA、学童保育、野球チーム、習い事・・・。
色々な価値観や立場の人たちとつながりを持つことで
自分の立ち位置をあらためて確認することができたようです。

社会では、少子高齢社会の到来で「仕事と生活の両立」をめざす
就業環境の整備の一環として「ワーク・ライフ・バランス(WLB)」を推奨しています。
仕事キッチリ、でも良い意味で生活臭いことが心地よい毎日。
そんな生活を送っていたら、WLBの実現は意外と簡単なのではないでしょうか。

――今夜は、家族でお食事会。
子供たちは、「回らないお寿司屋さん」デビューを果たし
会話と新鮮なネタをたっぷりと楽しみました。
中でも、塩でいただく炙り中トロの握りは絶品でした。

20周年の時もやっぱりお寿司を食べに行きたいですね。
その頃は、子供とお酒を酌み交わしているかも・・・?
10年後がちょっと楽しみになりました。(もちろん、夫も一緒です。)
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-04-11 22:41 | 日常のできごと

長続きするもの

4月になって新年度がスタートしました。
会社には新入社員が入ってきて、フレッシュな空気が充満。
新しい環境になって、私も何かに挑戦したくなりウズウズしてきます。

今まで趣味で長続きしたもの、実は数えるほどしかありません。
子供の頃は飽きっぽい性格で、よく集中力がないねぇと
親に言われたことがありました。

そんな私でも長く続いたものベスト3は

 1位 マラソン   7年 社会人~
 2位 合唱・ピアノ 6年 小・中
 3位 ラクロス   4年 大学

小学校3年から入っていた合唱団。
ピアノの練習は、孤独で辛く感じ楽しめなかったのに対して
合唱は仲間がいて「もう一つの学校」があるような楽しい雰囲気がありました。

始めは週2回だった練習も、オーケストラとの共演や番組への出演などがあり
小学校高学年になる頃は、ほぼ毎日の活動で「お仕事状態」に。
感性がとんがっていた頃の日々は脳裏に強烈に焼きついていて
今だに夢の中で合唱団で歌っている場面が出てくることがあるほどです。

そんな時期を共にした合唱団のOGと指揮の先生と20年ぶりに再会。
この秋にコンサートに出演することになりました。

先月末から練習がスタートしたのですが、
まず驚かされたのは、自分の声質そっくりのハーモニーの存在。
「三つ子の魂百まで」ではありませんが、
子供の頃に矯正された声は生涯変わらないものなのですね。

現在練習している曲は、現代音楽の女声合唱曲です。
その昔は楽しめなかった難解な現代音楽。
複雑かつ微妙な音の重なりの味わい深さが
大人になってやっと分かってきました。(いつでも遅咲きです。)

秋までに淡い水彩画のように美しく曲が仕上がるか・・・?
マラソンに加えて、新しい楽しみが一つ増えました。

春爛漫、我が家の庭のカイドウも満開です。e0095428_1135148.jpg
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-04-06 10:55 | 練習報告