<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ライブな体験

年度末からGW明けまで続いていた忙しさが、ようやくひと区切り。
今日は、有給休暇を取って子供たちとミュージカルを観に行きました。

劇団四季の浜松町・自由劇場で上演中の「赤毛のアン」。
平日昼間のマチネー公演とあって、会場内は有閑マダムばかり。
何となく贅沢な空気が流れています。

昨年一緒に観た「ウィキッド」は、魔法使いの暗い雰囲気があり
下の子供がおびえて泣いてしまった反省をふまえ
大人も子供も楽しめる演目を選びました。

自分にとっては、馴染みのあるストーリーですが、
果たして子供たちの反応はいかに・・・?

偶然にも主役の女性は、一昨年に観た
四季の子供向けミュージカルの主演者と同じでした。
小柄ながらもステージいっぱいイキイキと動き回ります。

小学生の上の子供は、生まれて初めて学校に通う孤児のアンを
身近な存在と捉えたようで、何度となく声を上げ笑っていました。
想像力たっぷりのアンの台詞はかなり長くとも、
軽妙な音楽とダンスで子供を飽きさせることはありません。

下の子供は、アンを本当の娘のように慈しむ
養父マシュー・クスバートの愛情に感情移入。
心臓の病気を患い他界する場面で「お父さーぁん」と号泣・・・。
しゃくり上げながらも、カーテンコールでは手拍子をしてノリノリでした。

自由劇場いっぱいに響き渡る出演者たちの肉声は、
こじんまりとした会場の空気を震わせます。

目の前に繰り広げられるドラマ、ダンス。
DVDのように観たい場面をサーチできないからこそ
全ての場面を緊張感をもって演者と観客が真剣に向き合う。
生の舞台は、五感のすべてをを揺さぶります。

・・・帰りの道は、ミュージカルの歌を口ずさみます。
親子3人、ダンスらしきステップで駅に向かいました。
五感のうち、耳と目からの刺激はしばらく余韻が残りそうです。

「今度は何を観にいこうか?」頭の中は、すでに次の計画へ。
マラソンでゴールをした瞬間に次のレースへ
思いを馳せるのに似ているような・・・。(ちょっと違うか?)

この週末は、ライブな体験を求めて山中湖へ。
湖岸1周のレースに出場します!
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-05-24 00:09 | 日常のできごと

シーズンを終えて

かすみがうらマラソンから約1ヶ月が経ちました。

いつになくレースにたくさん出場したシーズン。
ゆっくり振り返ってみよう・・・と思っていましたが
その後、(正確に言うとこの木曜日まで)仕事のボリュームがグンと増え、
目が回るほどの忙しさ。とてもblogにエネルギーを傾けられませんでした。

遅ればせながら、かすみがうらのご報告を。

当日は、少し肌寒く途中お天気雨が降るなど、まずまずのレース条件。
前半、キロ4分40秒くらいで気持ちよく走っていました。
が、20キロ前後から少し違和感のあった左足の土踏まずが痛み出し、
そして左足全体に疲れが広がっていきました。

飛ばしすぎだった?
湘南国際の疲れが取れていなかった?
土踏まずは思っていたよりも悪い状態だった?

色々と自問自答してみましたが、あっという間にペースダウン。
30キロ前後では多くのランナーに抜かれてしまいました。
快調な時と不調な時では、景色の見え方も違うものですね。
不調な時は、追いかける背中の数が多く見えるんです。(私だけ?)

ゴールタイムは、公式で3時間31分40秒。
プライベートで3時間30分21秒。
残念ながら目標の3時間30分を切れませんでした。

でも、こんなにも清々しい気持ちだったのは
このシーズンを多くの友人や家族に支えられながら
無我夢中で走ったからでしょうか。
自分なりの充実感を味わうことができたシーズンでした。

今は、疲れと相談しながらほぼ毎日走っています。
次のシーズンまで5ヶ月ほど間が開きますが
トレーニング方法や出場のスケジュールなどをじっくり考えたいですね。

来週末は、年に一度のFUN RUN、山中湖ロードレースを走ります。
直接・間接の友人を合わせた50名超と一緒に楽しんできます!

最後に・・・
皇居run仲間のkikuちゃん、初フル完走と好タイムおめでとう!
新たな第一歩は、予想を遥かに超えるすばらしい一歩になりましたね。
[PR]
by sa-ya-sa-ya | 2008-05-17 23:59 | レース報告