静岡駿府マラソン 2008

3月2日。
朝6時台の新幹線に乗り、2年ぶりに静岡を訪れました。
雲一つない青空、明るくあたたかな日ざし。
絶好のレース日和、2度目の静岡駿府マラソンに出場しました。

レース5分前。
陸連登録選手の列に(一応)加えていただき
最前列から数えて3列目に並びました。

すぐ目の前には、ゼッケン番号「1番」が。
大阪国際女子マラソン優勝のマーラ・ヤマウチ選手です。
スタート直前だというのに握手をしていただき
かなりのモチベーションアップになりました。(結構ミーハーなんです)

9時5分、スタート。
東京からきたイシさんに見送られながら駿府城を後にします。
イシさんは、体調不良のため出場を見送り。残念でした。
マーラさんの姿は、あっという間に見えなくなります。
実際の姿はとても華奢な印象でしたが、
走りは力強さがありました。さすがです。

スタート100m、すぐ隣りにやってきたのはアラキさんです。
この日は、目標「1時間35分」のタイムを切るペースを作っていただくため
わざわざ名古屋から足を運んでくださりました。

タイムにこだわるのは、ささやかな野望のため。
この秋で開催が最後となる東京国際女子マラソンの
出場資格「標準タイム」を出すことを目標としてレースに臨みました。

このシーズンは、あこがれのレースに出場したい一心で
少々無理なレース・スケジュールを組んでしまいました。
結局、レース中もこの強行スケジュールに泣かされることになりますが・・・。

最初の5キロ。
距離表示がないまま進んでいるので
どの程度のスピードなのか、皆目見当がつきません。
スタート時の周囲のスピードにあおられないよう気をつけます。

~10キロ。
中間地点にさしかかる頃には、足の重さが気になりはじめます。
やはり、2週間前の東京マラソンの疲れが残っているよう。
アタマや心肺機能はまったく問題ないのですが、足がついていきません。

~15キロ。「現状維持で」とのアドバイスを受けて走り続けます。
これ以上、無理をしなくていいんだ。
そう思ったら、気持ちが軽くなりました。

マーラ・ヤマウチさんからの「一緒にがんばりましょう」との言葉を反芻します。
レースに参加しゴールを目指すのは、
トップランナーも市民ランナーも同じなのですね。
それでも、このレースで一番長く感じた5キロでした。

~20キロ。
現在のペースを維持すれば、1時間35分を切ることができる。
そう告げられ、黙々と足を動かします。視線は前を見据えて。

――静岡は、小学生時代の父の単身赴任先。
駿府城公園は、夏の大きなお祭りの会場として何度か訪れた場所です。
迷子センターのお世話になったことも。そのくらい広い広い公園です。

ラスト2キロ。
駿府城のお尾堀端を走る風光明媚なコース設定。
延々と続く城壁と、その広すぎる敷地を恨めしく横目で見ながら
ゴールへの入り口が見えることを待ちわびます。
城壁の入り口がわからなくなり、ヘトヘトになった忍者の心境・・・。

ゴールゲート前。
時計の表示では、1時間34分台。このまま、ゴールへ駆け込みます。

ゴール!1時間34分31秒。
拳を突き上げ、うれしさを爆発している自分がいました。
やった!晴れ晴れとした気持ちで心が満たされます。

アラキさん、本当にお世話になりました。
「レースを投げ出さなかったこと」をほめていただいたことが
何よりもうれしかったです。(終始、余裕で走る姿がうらやましかったです。)

――同じ日、上の子供が野球の試合で
初めてキャッチャーとして練習試合に出場しました。

緊張しながらも、ボールに対して良い反応ができたとのこと。
短いキャッチャーフライも、すぐにマスクを外して
のけぞりながら果敢にキャッチングを試みたそうです。
「あのボールが取れてたら、今夜の夕食は焼肉だったのになぁ~」と
コーチやチームメイトから声をかけられたと、うれしそうに報告してくれました。

私も負けてはいられません!
次は、3月16日・湘南国際30k、そして本命の4月20日・かすみがうらフル。
じっくりと足を休めつつ、次のレースの準備をしたいと思います。

3月になり、春の訪れとともに
我が家のスポーツシーズンも本格到来です。
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-03-10 21:00 | レース報告

春一番 ~日産スタジアム駅伝~

東京マラソンから6日が経ちました。
予想以上に身体のダメージが大きいことに驚いています。

よく考えたら、真冬のフルマラソンは初めてだったのですね。
HonoluluもNAHAも暖かい土地での42キロ、
筋肉の固さがなく、気持ちよく走れたのかもしれません。

疲労困憊の身体を癒す暇もなく、
東京フルの翌日から、怒涛のように仕事が押し寄せてきました。
いやいや、今週は心身ともにタフな1週間でした。

そして、今週末も身体を休めることのない私・・・。
今日は第1回日産スタジアム駅伝大会に参加してしまいました。

日産スタジアムがオープンしてから10年目の今年、
スタジアム10周年記念事業として企画された大会。
アミノバリュー神奈川RCの山本先生がプロデュースされた入魂のレースです。

出場チーム数は、4名1組×520組。
我がアミノ神奈川からは、20組がエントリーしました。

私の担当は、第1区・8キロ。
東京マラソンの傷が癒えないうちに短い距離を走るのは
これまたタフなことです。(短い距離は苦手ですし。)

走りなれた日産スタジアム周辺のコース。
先月の港北区民駅伝での経験にも助けられ
体調と折り合いをつけながらペースに気をつける余裕がありました。

今日はポカポカ陽気、日差しもあたたかく春めいています。
この冬は、何度も雪が降ったり長く厳しい寒さだったので、
今日の天気が気持ちを軽くするのでしょうか。
思っていたほど足の重さは気になりませんでした。

担当の第1区は、37分で走りました。
沿道からの声援も多く、FUN RUNできるアットホームな大会だったと思います。
下の子供もたくさん応援してくれました。楽しかった!

続く第2区以降のサノさん、スズキさん、キヨナガさんの力走に助けられ
我々のチームは82位と大健闘!皆さん、ありがとうございました。

レース後は、アミノ神奈川で打ち上げ会。
今日の駅伝での話はもちろん、
「次なる野望」これからのレース予定など話題は尽きません。
こちらも55名と大規模のパーティーとなりました。

これだけの走る仲間がいると、どんなレースでも必ず友人に遭遇します。
そして、出場したレースに比例して仲間が増えるんですよね。
2008年は、さらにネットワークが広がりそうな予感がします。

――パーティーが終わる頃、会場のレストランの外は突風が吹き荒れていました。
今日の強い南風は春一番だったそうです。
レースの最中に天候が荒れなくて何よりでした。

それにしても、春の訪れはうれしいものですね。
花粉症の私でさえ、ココロが踊り出すようです。

さぁ、次は来週3月2日の「静岡駿府マラソン」です。
疲れが取れるか微妙ですが、ハーフで1時間35分切りを目指します!

e0095428_2123227.jpg
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-02-23 21:22 | レース報告

東京マラソン The DAY to GO!

9時前、ランナーで溢れる東京都庁前。

私は父と一緒にスタート地点へ向かいました。
ランナーがひしめき合っている中、
このレースに出場できる喜びを噛みしめながら
ランナー仲間ワタナベさんとアラキさんとともにスタートの時間を待ちます。

9時10分、スタート。
3万2千人のランナー達と一斉にスタートを切りました。

これほど、当日までワクワクする気持ちが続いた大会はありません。
いつもレースの数日前から私を困らせる「ランナーズ・ブルー」・・・
恐怖感や緊張感とは無縁でした。

昨年の土砂降りと対象的に雲ひとつない青空、絶好のレース日和。
そして、切れ目のなく続く沿道の200万人以上からの応援。
これほどエネルギーに満ちた大会を見たことがありません。

前のめりの気持ちは正直で、スタート直後から明らかにオーバーペース。
5キロ23分台、前半はかなり飛ばしてしまいました。
待ちに待ったハレの日なのに、それなのに私自身の体調は今ひとつ。
オーバーペースと10キロ過ぎからだんだんと足が重くなってきました。

それでも、移動しながら熱い声援を送ってくれるマラソン仲間の応援を見つけると、
たまらなく嬉しくなって「ありがとう!」とありったけの力で両手を広げ、
手を大きく振り懸命にアピールしました。
どの地点でも、にぎやかな声援を送ってくれました。感謝・感謝です。

・・・マラソンを始める前、マラソンは「根性系のスポーツ」と認識していました。
でも、実際に友人となったマラソン仲間は実に明るい!
「長い距離を走ることに耐え得る身体」を持つ人は、
みなポジティブで、エネルギーが内包されているのですね。
性格もHAPPY Personばかりだなぁ、とつくづく感じています。

後半は、5キロ24~25分台。
35キロ過ぎで私の耳元で天使と悪魔が交互に囁きかけます。

「もう一度、別のレースで同じ距離だけ走るの?
それなら、今がんばっちゃえばいいじゃん!」

「歩いてもいいよ。もう十分頑張ったんだから・・・。」

マラソンって、想像力が求められるスポーツなのですね。
今、踏み出すこの一歩がはるか先のゴールでどんな結果を迎えるか・・・?
体力と気力の極限の状態の中で、頭を使って完走の瞬間の自分をイメージする。
頭の中の「悪魔」をどうにか押しのけ、ゴール・イメージを手がかりに走り続ける。

最後の数キロは、自分のありとあらゆる筋肉を総動員して走りました。
40キロ過ぎからは、肩の筋肉が硬直し呼吸が上手くできなくなるというアクシデントも。
背中を丸めてないと姿勢が保てないほどでした。
初の真冬のフルは、寒さで身体のあちこちが痛んでくるのですね。

ゴール!私の中の「天使」の勝利です。
結果は、目標の3時間半をクリア。3時間27分でした。やった!!

辛く長かった道のりが終わった安堵感と、
自己ベストタイムを更新できた嬉しさで、ポロポロ涙がこぼれました。
マラソンで泣けたのは、初めてのフルマラソンを走って以来のこと。

最後までレースを投げ出さなくてよかった!
ゴールできたことを誇らしく思う瞬間でした。
幸せな週末を過ごせたこと、レースを支えてくれた全ての人に感謝…。

帰宅後に足裏マッサージをしてくれた息子、カタモミをしてくれた娘、
いつか一緒に東京マラソンを走ろう!e0095428_102080.jpg
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-02-20 01:05 | レース報告

1 Day to RUN!!

明日は、東京マラソン当日です。

昨日は、仕事帰りにエントリー会場・東京ビッグサイトへ足を運びました。
EXPOでは、何人かのマラソン仲間から声をかけていただき
お互いの健闘を誓い合いました。(皆さん、いよいよ明日ですね!)

会場では、有森裕子さんと握手できるチャンスが。
さすがにオーラが立っているというか、引き込まれるような魅力があるんです。
握った手から、エネルギーをたっぷり注入していただきました。

明日は、幸い天気も上々!コンディションも上々!
あとは、ゴールを目指して走るだけです。

多くのランナーと共有する時間、多くの応援と共有する時間が
最高のものでありますように。

↓ 明日は、このウェア+子供たちの応援メッセージ入りリストバンドで走ります!
e0095428_2152993.jpg
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-02-16 21:56

7 Days to RUN!

東京マラソンまで、あと1週間。

この3連休になって、マラソン仲間から応援場所について連絡をもらったり、
私設エイドステーションでは、どんな食べ物がいい?と質問されたり・・・と
ジワジワとレースの日が迫ってきたことを実感してきました。

今日は、しばらくヒザを故障していた父と一緒に
日産スタジアムの周回コースを走りました。

雪が降った昨日とは対照的なポカポカ陽気。
道端には菜の花が咲き始めていました。

軽く走るつもりだったのですが、
練習に来ていた神奈川大学の陸上部に刺激され
13キロと予定よりも長く走ることになってしまいました。
父の足も順調に回復しているようです。よかった!

応援に来てくれた友人を全員見つけること、
そして「走る東京見物」スタートからゴールまでたっぷりと堪能することが目標です。

レースの当日、一体どんな景色を目の当たりにするのでしょうか・・・?
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-02-10 17:50

初めてのスキー 2008

2月最初の週末、新潟へスキーに行きました。
上の子供は、今年で2回目
そして、下の子供は生まれて初めての雪山です。

宿泊先からスキー場まで徒歩5分。
降り積もった雪をさわったり、足を入れてみたり
遅々として先へ進みません。

数日前から「スキー、スキー!」と張りきっていた下の子供。
スキースクールの受付で、尻込みして動こうとしません。
初めての場所で、初めてのスキー。
いつの間にかココロがしぼんでしまったようです。

それでも、いざレッスンが始まると
ココロのスイッチが入るのが下の子供のいいところ。
まずは、板とストックを自分で持ち
練習場所へ向かって歩いて行きました。

下の子供のレッスン中、上の子供と滑りに行きました。
1年ぶりのスキー、思うように板を扱えません。
四苦八苦しながら、滑り降りること数回。
あっという間にカンを取り戻し、スピードを出して滑るようになりました。

自信をつけると上の子供は鉄砲玉のように手がつけられません。
ボーゲンがだんだんと直滑降に近くなり、私では追いつけない速さに・・・。
私は、追いかけることをあきらめてしまいました。

・・・スクールの終わった下の子供。
少し自信がついたようで、リフトに乗ることになりました。
「うわぁ~、空を飛んでるみたい!」
顔は満面の笑み、嬉しくてたまらない様子です。

リフトから降りて板を履きます。
そして、滑るのか・・・?と思いきや「滑れないよ~」発言。
おいおい、スクールの成果を披露してくれるんじゃなかったの??

結局、子供は板をつけたまま、私に支えられ滑ることに。
滑るスピード感に喜ぶ子供とは裏腹に私の脚は悲鳴を上げます。
17キロの子供は予想以上に重たい・・・。
2~3回すべり降りるのがやっとでした。

年に1回のスキー。
きっと来年は、自分で滑れるようになるよね?
ガンガン滑る二人の子供たちに置いて行かれる日は近いようです。

e0095428_7581665.jpg

[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-02-09 07:53 | 日常のできごと

2008 フロストバイトロードレース ~私の場合~

2008年、初めてのハーフマラソン。

娘の走りに触発されスタート地点へ向かいます。
次は私の番、目標は1時間40分切り。
気管支炎が治りきらないカラダ、果たして大丈夫だろうか…?

始めの2~3キロは、大混雑でスピードが出ずキロ5キロペース。
進むにつれ人がまばらになり、キロ4分半になるまで足を速めます。
思っていたより身体が軽く、調子は悪くないよう。

延々と続く滑走路脇の道路を走っている時、
読み終えたばかりの沢木耕太郎「凍」の内容が頭をかすめました。

最強のクライマー山野井夫妻が挑んだヒマラヤの高峰・ギャチュンカンの岩壁。
壮絶な登攀記録を読むだけで手に汗を握る、
その一瞬一瞬の緊張感が伝わってくるようでした。

単純に比べること自体が間違っているのかもしれませんが、
自分のペースで決められたコースを走るマラソンは、
何て安全なスポーツなのだろう。
今の自分の走りが、まるでスローモーションのように感じました。

いつも山を見ると登りたいという欲求に掻き立てられる山野井夫妻。
日常生活の無駄な部分を極限まで削ぎ落とし、
エネルギーもお金も登山だけに集中投下させるライフスタイル。
私はそこまで趣味にエネルギーを傾けられませんが、
ライフワークにかける情熱など、共感できるところが数多くありました。

ゴールタイムは、1時間37分。

最後の数キロは、気管支炎で浅くなった呼吸も気にならず、
足の疲れも忘れ黙々と走りに徹していました。

次のレースは、東京マラソン。
当日まで体調を崩さないこと、
そして、当日の晴天を祈るばかりです。

ギャチュンカンの絶壁に比べれば、42キロはたやすい。
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-01-30 23:38 | レース報告

2008 フロストバイトロードレース ~娘の場合~

1月20日、5歳の娘と横田基地開催の
「フロストバイトロードレース」に出場しました。

「フロストバイト」とは「氷つく・噛みつき」…つまりシモヤケのこと。
内陸性の冷え込みの厳しさをレースの名前に付けているのですね。

その名にふさわしく、キリッと冷え込んだ日曜日。
娘は、2キロのキッズレースにエントリーしました。
何といっても、生まれて初めてのロードレース。
デビュー戦は、ゴールまで走りきることが目標です。

最後までモチベーションが途切れず、どこまで頑張れるか…?
私の不安は、すぐに吹き飛ぶことになります。

スタートの合図とともに勢いよく飛び出す娘。

ピンと伸ばした背筋。
前をしっかり見つめる目。
そして軽快な足の運び。

実にランナーらしく走っているではありませんか!

道中、愚痴のひとつもこぼさず
最後まで一定のペースで走り、そしてゴール!

2キロを走ってもケロッとしている娘と対象的に
私は5歳児のガンバリに涙が出そうになりました。

将来は、ホノルルマラソンや東京マラソンで
一緒にゴールを切りたいものです。e0095428_7404576.jpg
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-01-25 18:47 | レース報告

EKIDEN

この週末に地元の「区民駅伝」に参加しました。

いくつかの町を「連合会」として束ねて16チームが競う対抗レース。
町内会を経由して声をかけていただき、私にとって初の参加となりました。

小学生から40代まで、9区間に分けてチームを編成。
私が所属するチームには、箱根駅伝常連校の陸上部出身の方もいて
少し「本気」の香りのするチームでした。

私の前の選手は、小学校5年生の女の子。
とても真剣に走ってくれ、それまでに2位をキープ。
そして、私の担当は9区・アンカーです。

タスキを渡されるまでの数分間、正直フルマラソンの時よりも緊張・・・。
短い距離一気に走る身体に慣れていない私は
皆さんの期待に応えられるのだろうか・・・?不安が頭をよぎります。

スタート。

コースの途中では、同じ連合会の選手とその応援者が盛んに声援を送ってくれます。
正直、声援はしんどい・・・プレッシャーがのしかかってきます。
いつもより早いペースで走りはじめ、あっという間に呼吸の苦しさが押し寄せてきました。

このお正月に足を運んだ箱根駅伝。
一人の選手をクルマが取り囲み、とても競技とはいえない異常な環境に驚かされました。
大勢の声援の中で黙々と走る選手の精神力は、信じられないほど強靭なもの。

それに比べれば、私の走っているローカルレースなんて
比べものにならないくらいちっぽけな苦しみです。
でも、レースで苦しい時って自己中心的な思考回路になるんですよね。
声援にも手を少しあげて応えるのが精一杯。もう、いっぱいいっぱいなんです。

コースの最後のトラックでは、同じチームのメンバーが
併走して声援を送ってくれました。誰が横を走っているのか分かりません。
苦しさに喘いでいた私は視野が狭くなっていたようです。

ゴール!

結果は準優勝。嬉しい結果となりましたが、正直レースを全く楽しむことができず・・・。
駅伝が終わって、旅のように走るフルマラソンが無性に恋しくなりました。
東京マラソンまであと1ヶ月。これはもう楽しむしかないでしょう!!
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-01-14 18:29 | レース報告

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
年賀状にblogのURLをお知らせした方もいるので
この機会に近況をまとめてお知らせします。

現在、生まれ育った横浜に住んでいます。
子供は小学生の男の子、保育園児の女の子の二人。
親子ともども地域に支えられ日々成長しています。

仕事は、ダンナも私も毎日忙しくしています。
働きはじめて以来、ずっと続けている人材育成の仕事。
ヒトに関わる仕事は、絶対解がないから奥が深い・・・。
これからも、本業兼ライフワークとして追いかけていくつもりです。

ライフワークといえば、マラソンです。
上の子供が生まれてから始め、マラソン歴8年となりました。
今まで色々なスポーツをやってきましたが、
気づいたらマラソンは一番長くつき合っているかも。
今や生活の一部になっている大切な相棒です。

朝は、身体を目覚めさせるために走る。
夜は、疲れたアタマをほぐすために走る。
週末、次のレースをイメージして走る。
いやいや、毎日走っているんですね。

レースは、年間10前後は出場してます。
マラソンは、雑誌の「LEON」ではないですが、
テクニックのスポーツ。経験と練習に比例して早くなれる。
私もまだまだ早くなるんだ!と信じて走り続けています。

今年の目標は、東京国際女子マラソンの出場権獲得のために
フルマラソンで3時間半を切ること!
この1月から4月まで、長短6のレースにエントリー。
最善を尽くして天命を待ちたい…そう考えています。

我が家の週末は、スポーツ一色です。
上の子供は地元の野球チームに所属していて、ダンナはコーチをしています。
週末は練習や試合に行くか、マラソンのレース出場か。
時間があれば横浜スタジアムへ足を運ぶこともあります。
いつも、あっという間に週末が終わってしまうんですね。

今年は、もう少し文化的な生活にしたいところですが、
スポーツがその大半を占めることは間違いないようです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by sa-ya-sa-ya | 2008-01-02 20:50